モコム(mocom) 激アツ!人気ライブチャット&安全に報酬を稼ぐ方法

モコム(mocom)の口コミ・評判・登録方法、オススメのライブチャットについてまとめました。女の子の為のチャットレディ&メールレディの副業情報もあります。テレフォンセックス(電話エッチ)や相互オナニーもOKな携帯ライブチャットでHな体験をしてみよう♪

モコム マイナンバー制度で副業が会社にバレる可能性ってあるの?

モコム マイナンバー

最近何かと話題のマイナンバー制度ですが、このマイナンバー制度が導入されると会社に副業がばれてしまうのではないか?という噂があります。

会社にチャットレディで副業をしていることがバレたらまずいですよね。

この記事では、マイナンバー制度が導入されても副業(チャットレディ)が会社にバレない方法を説明していきたいと思います。

この方法を学んだらモコムでチャットレディを続けることが出来ますね♪丁寧に説明しますので、是非一読してみてください。

マイナンバー制度について

マイナンバーとは国民一人一人が持つ12桁の番号のことです。

マイナンバー制度が始まると所得や納税実績、社会保険に関する個人情報を管理できるようになります。

(マイナンバーが必要になるのは、平成28年の1月からです)

マイナンバー制度のメリット

マイナンバー メリット

マイナンバー制度が始まると、以下のようなメリットが生まれます。

面倒だった手続きが簡単になる

マイナンバー制度が導入されると、社会保障・税分野において統一された番号ができるので、役所間の情報共有が簡単になます。このことにより、今まで手間のかかっていた手続きが効率化されスムーズになります。

お知らせが簡単に受け取れる!

マイナンバー制度の導入と同時に『マイナポータル』が開設されます。マイナポータルとは自宅のパソコンなどからアクセスすることができるようなサービスで、自治体などが保有する自分の特定個人情報の閲覧や予防接種や年金、介護など、自治体からのお知らせが簡単に受け取れるようになります。

(マイナポータルがはじまるのは、平成29年の1月からです)

災害時にも役立つ

マイナンバー制度が導入されることで災害時に支援が必要な『要支援者』のリストを事前に作っておくことができます。

個人の資産状況や健康状態をマイナンバーで管理しておけば、適切な給付支援ができるようになるのもメリットのうちの1つです。

マイナンバー制度のデメリット

マイナンバー デメリット

マイナンバー制度にはデメリットもあります。

情報が流出してしまう可能性がある

マイナンバー制度の導入で1番怖いのが情報の流出の可能性です。

マイナンバー制度では様々な期間が特定の情報を管理し、必要なときに情報の連携を行う『分散管理』方法が採用されていますので、もし個人情報が流出しても被害が限定されるので、ダメージは少なく済みますが、情報流出の可能性はあり得るものだと思われます。

マイナンバー制度導入で副業がバレる?

マイナンバー制度導入で副業がバレる?

先に言っておくと、副業(チャットレディ)がバレるのにマイナンバーは関係ありません。

会社に副業(チャットレディ)がバレてしまうのは、『住民税』のせいです。

副業が会社にバレてしまう仕組み

普段会社にお勤めしていて副業でチャットレディをやっている人は、年間で所得が20万円を超えてしまう場合『確定申告』をしなければいけません。

確定申告について詳しくはモコム メルレ・チャトレの確定申告についてを確認してください。

会社でお仕事するのを『本業』、チャットレディのお仕事を『副業』とします。

本業では給与という『主な所得』もらっています。チャットレディで稼いだ報酬は『雑所得』とされます。

基本的に『所得』には税金がかかります。『主な所得』のも『雑所得』にもかかってきます。

所得には所得税のほかに『住民税』という税金がかかってきます。

年間20万円以上の雑所得があれば確定申告を自分でしなければなりません。

確定申告をすると、その結果は税務署から(住民税を徴収する)あなたの住む市区町村に知らされます。

通知を受けた市区町村は、会社からの『主な所得』と副業(チャットレディ)で稼いだ『雑所得』を合計した金額をベースにして、翌年徴収する住民税額を決定します。

そしてこの住民税額はお勤めしている会社に知らされてしまいます。

副業(チャットレディ)をしている分、あなたが支払う住民税額が同水準の『所得』のはずの社員と比較して明らかに高いということになり、副業(チャットレディ)をしていることが会社にバレてしまいます。

チャットレディ(副業)がバレない方法まとめ

確定申告を普通にやってしまうと、会社にバレてしまう可能性が高くなってきます。

最後に、会社に副業がバレないように確定申告をする方法を教えたいと思います。

確定申告をするとき『所得税の確定申告書A』という用紙を使います。

所得税の確定申告書A

この用紙の中に住民税の徴収方法を選ぶ項目があります。

  • 普通徴収
  • 普通徴収(自分で納付する)
  • 特別徴収

この3つの中から選ぶことが出来ますが、この時『普通徴収(自分で納付する)』か『普通徴収』をチェックしておけば、 副業所得に対する住民税の納付書が自分に送られてくるので、 会社を通さずに自分で納税することが出来ます。

ただし『特別徴収』という欄にチェックしたり、何もチェックしないで提出すると『特別徴収』となり会社に請求が行くことになってしまうので会社にバレたくないなという人は『普通徴収(自分で納付する)』か『普通徴収』にチェックをして確定申告を行うようにして下さい。

 - モコム 副業